CHECK

子供に八つ当たりするのは浮気の再構築を困難なものにしてしまう要因も

子供に八つ当たりするのは浮気の再構築を困難なものにしてしまう要因も

浮気をされてしまったら誰でも悲しいですし、信頼していたのに裏切られたという気持ちに支配されてしまいます。
落ち着いて過ごそうとしても冷静に考えることができず、家族への言動も普段とは違うものになる恐れがあります。
色々なことを考えて再構築を選んだ場合、そう決めた後はパートナーともしっかりと向き合って、問題点をクリアしていかなければなりません。
それには二人の努力が必要であり、片方だけが頑張ってもうまくいくものではありません。
浮気をされて再構築のために頑張っている間は精神的にも追いつめられていますので、普段は可愛いと思っている子供も疎ましく感じてしまうケースがあり、何もしていないのに八つ当たりをする人もいます。
しかし、無関係な子供に八つ当たりをするのはお門違いですし、その行為によって関係性を安定されるという目的から遠ざかってしまいますので、決してやってはいけません。
自分の気持ちに余裕がないことが原因ですので、必要に応じてカウンセリングを受ける等工夫が必要です。

浮気の再構築を図るには家族観の話し合いが大事

パートナーが浮気をした時、愛情が残っていて再構築を希望することがあります。
信頼関係が根底から崩れるようなことですので相手を許せるようになるまでには時間がかかりますが、それでも家族として向き合って再び歩み続けたいと考える人も少なくありません。
もし再構築を決めたのなら、浮気をしたことをいつまでも責めるのではなく、相手の謝罪の気持ちにも素直に応じることが大切です。
いつまでも責め続けていると、浮気をした側も最初は申し訳ない気持ちを持っていても、だんだんと息苦しさをおぼえるようになって、そのうち向き合うことを止めてしまうかもしれません。
相手に非があっても長く責められ続けると愛情も失われていくため、きちんと消化して前に進むための覚悟も必要です。
向き合うことに決めたら、これまでよりもたくさん会話をして、お互いのことをよく理解するように心がけましょう。
会話が足りないと勝手な想像をしてしまい、浮気のようなマイナスなことがあった後では悪くとらえてしまいます。

浮気,再構築に関する情報サイト
浮気後の再構築に必要なこと

浮気発覚後の関係の再構築は、長い時間と根気が必要になります。
裏切られたことをいつまでも責め続けていると、関係を修復するどころか、相手の気持ちが離れて再犯に走りかねません。
自宅が安らぎを得られる居心地の良い場所だと感じれば、家に帰るのが楽しくなって外に意識が向かなくなります。
過去の過ちをいつまでも引きずってもデメリットしか生まれません。
寛大な心で水に流して、新たな関係を築くことに力を注ぐことがお互いにとって良い結果を生みます。

Search