CHECK

これをやってはNG!?浮気後の再構築に向けてのお役立ち情報を分かりやすくご紹介

浮気発覚後の関係の再構築は、長い時間と根気が必要になります。
裏切られたことをいつまでも責め続けていると、関係を修復するどころか、相手の気持ちが離れて再犯に走りかねません。
自宅が安らぎを得られる居心地の良い場所だと感じれば、家に帰るのが楽しくなって外に意識が向かなくなります。
過去の過ちをいつまでも引きずってもデメリットしか生まれません。
寛大な心で水に流して、新たな関係を築くことに力を注ぐことがお互いにとって良い結果を生みます。

これをやってはNG!?浮気後の再構築に向けてのお役立ち情報を分かりやすくご紹介

浮気が発覚した後に関係を再構築する上で、やってはいけないNG行為が日常的な非難です。
事あるごとに浮気を責めるような発言を続けていると、本来であれば心安らげる場所である家に居場所が無くなります。
家に帰れば非難される生活に嫌気がさしたパートナーが、外に安らぎを求めて同じ過ちを繰り返すという事例も少なくありません。
関係の修復を望むでのあれば、非難したい気持ちを抑えて、共に過ごしたいと思える環境作りを心掛けることが基本です。

浮気が発覚したときの選択肢には離婚と再構築がある

浮気が発覚した後の選択肢の一つに離婚があります。
もう相手を信じることができない、一緒にいること自体に嫌悪感を感じる、これから一緒にいたとしても一生許す気持ちにはなれないという状態なら、もう別れるしかありません。
これ以上時間をかけても結果は同じ状態ですから離婚もやむなしですが、その前に財産分与や養育費等の条件をきちんと取り決める必要があります。
何の取り決めもないまま別れてしまうことを避け、落ち着いた行動が望まれます。
浮気があったとしても、またお互いを思いやる気持ちがあって再構築をするつもりなら、もう相手を責めてはいけません。
責められると向き合う気持ちがなくなり、愛情も薄れていきます。
これまでの関係の中で何が問題だったのかをきちんと考え、その問題点を解決できるように努力しなければなりませんが、そのためには夫婦のどちらも胸の内を素直に伝えて隠し事をなくすべきです。
愛情を持って接すれば、それが相手にも伝わります。

日常的に浮気したことを責めることは再構築でやるべきではない行為

浮気した方が悪いことは明白です。
された側はとてつもないショックを受けますし、これからどのように過ごしたら良いのかが分からなくて途方にくれます。
信頼しても良いのだろうかと悩み、誤られてもそれを受け入れる余裕がありません。
受け入れたら安心してまた浮気をするのではないかという考えも出てきて、再構築を目指していても気持ちは常に揺れています。
しかし、一度信じると決めて再構築を選んだのなら、日常的に責め続けるのはやってはいけない行為です。
本当に心の底から申し訳なかったと考えてそれを行動で示していても、毎日のように責められたらもう一緒にいることは無理なのではないかと感じますし、離れた方が穏やかな気持ちで過ごせると考えてしまいます。
発覚した当初に責めるのは仕方のないことであり、反省を促すためにも強気の態度に出て良いのですが、落ち着いた後には蒸し返さずに未来志向で行動した方が上手くいきます。
これを肝に銘じて家族としてやり直す道を模索しましょう。

スマートフォンのGPSで監視などは浮気の再構築でNGな行為

浮気をされた後は、普段の何気ない言動も怪しく思えてしまってどんどん疑わしいと思えることが増えていきます。
相手の行動を監視していないと気持ちが落ち着かなくなり、少しでも把握できない時間があるとまた浮気をしているのではないかという思考回路が出来上がります。
その結果、常に監視をしようとこまめに連絡を入れたりしますし、相手に気づかれないように把握したいと考えたらGPSでチェックすることもあるようです。
再構築をするつもりならこの行動はNGであり、既に浮気をしていない状態にもかかわらずいつまでも疑われていたら面白くはありません。
謝罪をして既に済んだこととして認識しているケースでは、いまだに疑われていることに辟易して、やり直すことはもう無理なのではないかと感じさせてしまいます。
これは大きな問題になる行為ですのでやってはいけないことであり、できるだけ相手を信じるように難しくても努力をしなければなりません。

浮気の再構築に向けてやってはならないパートナー依存とは?

浮気をされた後に再構築をはかっている最中には、これまで通りに接しようと考えていてもなかなか元通りにはなりません。
どのような経緯で浮気を知ったかにもよりますが、インパクトの大きな方法で知ってしまうと、また他の人と会っているのではないかと疑心暗鬼に陥ってしまうこともあります。
これまでよりもパートナーのことが気になって仕方がない状態になり、些細なことにも過敏に反応する状態です。
過敏に反応しているうちはまだ正常な状態とは言えませんし、家庭内も不協和音が生じて居心地が悪いものになります。
さらにパートナーのことを常に気にかけていることからパートナー依存にもなり、これがもっとも深刻な問題です。
パートナー依存になると相手を束縛するようになり、少しでも自分の意図するところと異なる場合には激しい怒りを感じたり、大げさなほどに悲しむようになります。
依存をすること自体が不健全な関係を作るものであり、再構築からは程遠い状態となります。

浮気,再構築に関する情報サイト
浮気後の再構築に必要なこと

浮気発覚後の関係の再構築は、長い時間と根気が必要になります。
裏切られたことをいつまでも責め続けていると、関係を修復するどころか、相手の気持ちが離れて再犯に走りかねません。
自宅が安らぎを得られる居心地の良い場所だと感じれば、家に帰るのが楽しくなって外に意識が向かなくなります。
過去の過ちをいつまでも引きずってもデメリットしか生まれません。
寛大な心で水に流して、新たな関係を築くことに力を注ぐことがお互いにとって良い結果を生みます。

Search